繁盛店舗デザイナー

ごあいさつ

Hanjo-navi代表 渡辺 博己(わたなべ ひろき)多くの人々が、「物質的な豊かさ」でなく、「心地よさ」や「精神的な豊かさ」を大切にする時代。
店舗デザインにおける、素材・パーツといったものは、その価値以上に人の心に与える影響を考慮しなければなりません。
記念日に訪れるレストラン、日常から解放された癒しを体験できるサロン、ほっと和めるお気に入りのカフェ。 訪れるお客様に、提供する商品やサービス以上の価値を感じてもらえる店づくりとは何か...  hanjo navi が目指すのは、画一的で個性のない店舗でも、建築家的な空間表現に固執した作品のような店舗でもありません。

それぞれのオーナー様の「好み」や「価値観」が映し出されたオンリーワンの空間。 さらに、商業施設として重要な要素である「トレンド」を融合させた店づくりを心がけています。

私たちはこの岐阜という地域を拠点とし、10年先、20年先も繁盛する店づくりを通じて、ビジネスの成功と地域の発展に貢献していきたいと考えています。  

 

手がけた店舗の8割以上を繁盛店へと導く繁盛ナビゲーター

profile_logo

 

  • 店舗設計デザイン事務所 有限会社ナビデザイン 代表
  • 1級建築士
  • JCD 一般社団法人日本商環境デザイン協会 正会員
  • 一般財団法人日本コンサルタント協会 公認コンサルタント

美容室、理髪店、エステサロンやレストラン、カフェ、居酒屋、洋菓子店、和食店など、主に、商業施設の設計デザインを得意とする1級建築士デザイナー。 飲食店の10年後の廃業率が9割に達すると言われる熾烈な状況のなか、手がけた店舗の8割以上が繁盛店となっていることから、建築士としての枠を超えた「繁盛ナビゲーター」として活躍している。 また、これらの繁盛店を生み出す仕組みを、hanjo store planning / hanjo store construction として名づけ体系化する。  

Return Top